為替相場ってなんだ?

為替相場とは、異なる通貨が外国為替市場において転換(売買)されるときの交換比率(レート)のこと。

例えば…日本円が日本国内でしか使えないように、通貨は、それぞれ使用できるエリアが決まっています。そのため貿易などで違う通貨を使っているエリアと取引するときには、相手側で使える通貨を用意しなくてはなりません。
そして、その際に必要な決り(通貨Aの1単位は通貨Bの幾らに相当するか)が、この「外国為替相場」なのです。

なお為替相場には、大きく「固定相場制」と「変動相場制」が存在。
固定相場はその名の通り各国間で決めた相場を“固定(つまり維持)”する仕組、一方の変動相場制とはその時々の市場の需要と供給のバランスに伴い相場価格がどんどん変化していく仕組であり、現在は各国通貨のやりとりの殆どで後者の変動相場制がとられています。

さて、そんな変動相場制では、為替の相場は、会議や個人によって決まるものではありません。為替相場は2通貨間での交換比率を表したものであり、その値は(需要のある通貨は価格が上がる/需要のない通貨は売られて価格が下落するというように)あくまで需要と供給のバランスに応じて刻々と動き続けているもの。
その需要・供給のバランスには、2通貨間にある金利の差(および各国が取っている金融政策)、そして貿易収支が大きく影響しています。また各国の景気見通しや政治情勢、貿易決済に伴う実需、要人の発言、自然災害や地政学的リスクなど、あらゆる事柄の影響を受けても為替相場は大きく変化することがあるんですよ。

そして、こうした外国為替相場の変動と大きく関わっているのが“投資”。

為替市場に集まる人の中には、上記で触れた貿易決済のためといった実需筋だけでなく、為替相場の変動を利用して利益を出そうとする(利益目的で為替売買をする)投資家たちも非常に多く含まれているのです。

さて、この為替相場の変動を利用した“外貨投資”の種類には「外貨預金」、「FX」、「バイナリーオプション」など様々なものがあります。
取引のスタイルについても、金利差に着目し(低金利通貨で高金利通貨を買い長期保有することで)“金利差益”を稼ぐことを目的とした外貨預金やFXの中・長期取引、為替相場の変化そのものを追いかけて“為替差益”を稼ぐFXの短期取引などのバリエーションが存在。

為替相場を利用した投資に興味がある方は、ぜひ上記であげたような取引スタイルを比較検討し、自分の性格やライフスタイルに合うものを探してみてください。

さらに…こうした為替の動きは、為替そのものを対象とする取引以外にも影響を及ぼすもの。
例えば、為替市場で円安が進むと海外投資家のなかで“日本株の割安感が高まり”日本株が買われて株高(俗にいう円安株高状態)が起こったり、為替相場が不安定になるとリスクヘッジとして“金などの安全資産”に資金流入が起こったりというように、為替の動きは、あらゆる相場・投資と関連してくるのです!

よって、どういった投資をするにせよ“投資”に取組むのなら、(為替取引をする・しないは別として)為替相場の動きには日頃から注意しておくと良いでしょう。