相場チャートってなんだ?

需要と供給に応じて決まる市場価格「相場」。
相場は、その時々のあらゆる事柄の影響を受けて刻々と変化します。

そんな相場の動きを時系列上に並べグラフ化したものが「相場チャート」。
相場チャートには、為替市場の相場変動を示した「為替チャート」、株式市場の相場変動を示した「株価チャート」、その他「先物チャート」など市場ごとに様々なものが存在します。

さて、相場変動を時系列上に並べた「相場チャート」は“投資”をする上で欠かせないもの。
数字の羅列を眺めるだけでは掴みにくい相場動向も、チャートを見れば一目瞭然、これがあれば(チャートが右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドといった具合に)複雑な相場変動を視覚的にパッと捉えられるようになります。
そして、チャートから見て取れる相場傾向を(過去の相場パターンと照らし合わせつつ)分析、そこから将来の値動きを予測し取引に反映させていけば、投資での利益アップが期待できるというわけです。

ただチャートと一口に言っても、そのグラフの作り方は多様。実に色々あるのですが、日本でメインに利用されているのは何といっても「ローソク足チャート」でしょう。

このローソク足チャート、目にしたことがある方は多いはず!

これは現在多くの投資家に用いられ海外からの注目も熱い(ローソクと呼ばれる白と黒の棒状グラフで相場を示した)チャートスタイルなのですが、なんと発案したのは江戸時代の米商人なんですよ。

江戸生まれの分析手法が今なお通用するということは、それだけ“相場”というものが時代を超えても変わらぬ性質を持っているということ……。ビックリですね。

ちなみに、ローソク足で使われるのは陽線(白い棒:始値より終値が高いことを表す)と陰線(黒い線:始値より終値が低くなったことを示す)、そしてヒゲ(陽線・陰線から上下に伸びた線:高値と安値を表す)。
ローソク足チャートには、1日単位の変動をみる日足、週単位でみる週足・月単位で見る月足・年単位で見る年足があり、それぞれ細かな値動きを見るなら日足(さらに短い分足)、大きな相場トレンドを掴むには月足チャートを見るというように、知りたい情報や自分の取引スタイルに合わせて使い分けるのが基本です。

なお、ローソク足チャートの使い方・分析方法は、何れの投資をする場合(どの相場のチャートを見る際)にも共通しているもの。

チャートの基本さえおさえておけば、様々な投資の売買タイミング判断に役立ちます。

よって投資を考えているのなら、早い段階で相場チャートには慣れ親しんでおきましょう(為替チャートや株価チャートは証券会社やFX業者などのHPなどで簡単に見ることができますよ)。